スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

夢幻

今日は仕事がはやくおわるので家に戻り次第サイトの永眠に手を出そうかと思います。
サイトでもめいぽ内でも結構無茶してきました。
人の二番煎じが嫌いで我が道を突き進んで来れたと思います。
私のやってきたことは万人にとても肯定されるものではなく衝突もよくありました。
ですがそれも一興
感じ方の違いを言い合える関係は素晴らしいと思います。
私が最後まで貫いたのは


育成法は自力で探せ

仲間のことを考えろ

でした。
やっぱり育成サイトの二番煎じはつまらない
ゲームは楽しまないとですね。

そして仲間
私は仲間に私のためになにかしてもらいたかった。
こう聞けば聞こえは悪いですがもちろんそれ相応に私も仲間に協力する
それが仲間ってもんだとギャングと呼ばれる世間に嫌われる集団から学びました。
自分だけが協力してもらおうなんか甘い
金銭じゃなく心で向かい合う
そんな世界でした
みんなが一人のことを考え
一人がみんなのことを考えた
そこで生まれたものはかけがえのない絆でした。
今は大人になり頻繁に集まることはないですが今でもなにかあれば駆け付けるしいつまでも友達です。
そんな関係が欲しかった
めいぽは自分の欲求のみの人が多く
アバタがないとつるまない
自分は協力してもらうのに他人に協力しない
職でしか人を見ない
金額で人が変わる
などなんで?と思うことが非常に多かったです。
私の思いが伝わらず叩かれたこともありました。
全員が全員のために一緒に行動した時の結束感ってとても心地いいんですよ?
私の場合は結束して警察から逃げるとかそんなでしたが思いは変わらないはず
時に自分の身を囮にして他の仲間を逃がしたこともありましたし仲間がみんなのために話をつけにいってくれたこともありました。
そんな絆がほしかった…
何してもいいゲームにそれを求めた私が浅はかだったのでしょうね
一番甘かったのは私自身だったと今は思ってます。
金銭、効率が何より優先という思いを受け入れられなかったのも事実
人それぞれの思いの違いを認めれなかったのは私の子供なところです。
万人に認められない思いでしたが何かみんなの心に残ってくれたらうれしいです。

それではさようなら。
今までありがとうございました
スポンサーサイト

COMMENTS

ふと育成に悩んだときサイトを見つけて参考にさせていただきました。
若輩者としては動画を見て自分もいつかは、、、と胸を躍らせていました。
人間として尊敬していました。
自分は自分のペースで仲間たちと一緒に今とこれからを楽しんでいこうと思います。
本当におつかれさまでした。

弓師として、また人として密かに尊敬していました。
弓育成サイトで一番参考にさせて頂いたサイトでした。
お疲れ様でした。
そしてありがとうございました。

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

COMMENT FORM

TRACKBACK


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。