スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

想う時

なんとなくサイトのトップページの英文の訳でも書いてみましょう。

まずは一つ目

When I was lonely when I was sad,
the neighbor had you anytime.
Because there was you, I am here.
I will live with a smile from now on.
Change tears into strength.

さみしい時、つらい時、いつでも君が隣にいてくれた。
だから僕は今ここにいることができる。
これからも僕は笑って生きていく。
涙を強さに変えて・・・

二つ目

One one of the words that I got from you still glistens in my heart.
It is so.
Like a flower of love in full blossom.

君がくれた一つ一つの言葉が僕の中で光っている。
それはそう・・・
満開の愛の花の様に。

三つ目

Because everybody cooperates, I am happy.
The day when everybody is used to smile.

みんなが一緒にいてくれたから私は幸せ。
みんなが笑顔になれる日を。

この3つの英文はトップページを更新した時にランダムで表示されます。
興味があったら見てみてください(* ̄▽ ̄*)ノ"

ここ最近非常に毎日を幸せに過ごしています。
こんなにも平凡な毎日を楽しめるのも支えがあるからだと思います。
私の好きなお店にとてもいい文が書いてあります。

今日も事故に合わなかった。
家族が病気にならなかった。
何もない平凡だけど平凡こそが幸せ。
何もなかったことを感謝しよう。

実際はかなり長いですけど簡略するとこんな感じです。
今この言葉が私の中ですごく大きなものに感じる。

3年前の11月23日
会社に入って半年過ぎた18歳
朝の通勤中いつも止まることのない交差点で信号ばかり見ていた私は前の車に追突しました。
実はわき道に会社があってそこに右折で入りたい車がいたらしくみんな予期せぬ右折で前方が急ブレーキをかけたのでした。
私は前の車を大破させさらに前の車、その前の車、そのまた前の車まで連鎖しました。
修理やらでなんだかんだ600万近くいった事故でした。
当時社会人1年目でまだ昔のノリが捨て切れなかった私は前の車の持ち主の態度にむかついてボコボコにしてやろうかと思いました。
まぁそこは周りの静止もありやめましたが。
あの時私には目の前で急ブレーキをかけた車が悪いだろという気持ちが非常に強かったです。
でも法律上故意に急ブレーキをかける以外は過失にならず私が全て悪いということになりました。
今となっては私の過失を認めますが当時はきつかった。
警察に事情聴取される時も頭にきて丸出しの服を着ていったら暴走族に間違われました。
でもそんな私に警察官はすごく優しかった。
ちゃんと最初から最後まで話を聞いてくれて普通なら一発免停のところを軽減してくれました。
その助けもあり今こうして何もなく思い出の勤労感謝の日を終えれました。

こーやって事故のことを語れるようになったのも
殺気だった目が穏やかになったのも
誰かのために何かをできるようになったのも
タバコをやめれたのも
色んな人が支えてくれたからだなぁなんてかみしめてます。
そして今日一番俺を変えてくれた人への想いを形にしました。

カップルが嫌いでいつもカップルの男に喧嘩を売ってきた私がこうなるとはねw
まぁカップルは今でも嫌いですが。
私が思う強さとは
プライドを捨ててでも大切な何かを守れること
だと思います。
カップルでいるのに人をにらみつけてる彼氏さん
彼女いるのに勝てるわけないでしょ
私は彼女が隣にいるときどんなに喧嘩を売られようが明らかに負ける要素がなかろうが
喧嘩を買うことはありません。
謝ってすむなら謝るし1000円あげてすむならあげます。
だって守りきれないですから。阿修羅じゃないんで腕は2本しかないですし。

乱文になってしまいました。
このへんで(*゚_っ゚)ノ゙{バイバイ
スポンサーサイト

COMMENTS

COMMENT FORM

TRACKBACK


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。